身に覚えのない請求が来た場合①

                   

クレジットカードを持っていないのであれば、名前を利用されてカード等が作られている可能性があります。
この場合の借金に対して責任はありません

カード会社へ内容証明郵便で自分が契約して作ったカードでないこと、支払いの責任もないことを書面で伝えることができます。カード会社には、契約時の書面を開示する義務もありますので、送付してもらって自分でないことを確認しておくとよいかもしれません。本人でないことが明らかになっても請求が続く時は、弁護士に相談し、債務不存在確認訴訟を起こすという対処法もあります。これによって裁判所が「債務なし」と判断を下せば、カード会社は請求ができなくなります。

2011-11-14
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
関連する記事
Copyright© 2010 自己破産解決ナビ All Rights Reserved.