自己破産に伴う自由の制限

                   

自己破産者に対して、日常生活を送るうえで困る制限ではありませんが、多少の生活上の自由が制限されます。
比較的小さなデメリットといえます。

  • 居住の制限
    裁判所の許可なしに、居住地を離れたり、引っ越しや長期の旅行はできません。
  • 通信の制限
    同時廃止ではない場合につく制限です。本人あての郵便物は破産管財人にまず届けられ、管財人は場合によっては開封することができます。
  • 監守がつく場合
    めったに受けることのない制限です。逃走のおそれのある場合や、財産にかかわる隠ぺい行為などを防ぐ必要のある場合だけです。
2011-09-28
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
関連する記事
Copyright© 2010 自己破産解決ナビ All Rights Reserved.