ブラックリストについて

                   

自己破産のデメリットのうちブラックリストについて詳しくご説明します。

自己破産によるデメリットのうち、免責決定を受けた後も残る項目が二つあり、そのうちの一つが、ブラックリストに名前が残ることです。もう一つは、再度自己破産できるまでの期間(二度目の自己破産はできますか?)に関するものです。

ブラックリストと俗称で呼ばれていますが、これは銀行、カード会社やサラ金業者などの貸金業界内の信用情報のことです。

自己破産すると、事故者としてこの信用情報に名前が載ることになります。
結果、自己破産後7年間ほどはクレジットカードの発行や金融機関からの借金ができなくなります。
一本化されたリストが存在するわけではなく、それぞれの業界ごとに信用情報がつくられているようです。

自己破産後は、クレジットカードやキャッシング、借金をしない生活をしていくことになります。

2011-09-23
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
関連する記事
Copyright© 2010 自己破産解決ナビ All Rights Reserved.