申立て書類に記入する内容④

                   

財産目録(自己破産の申し立てに必要な書類の5)に記入する内容です。

  • 所有する不動産の有無
  • 不動産を有している場合、その種類・名義人・取得時期・購入価格
  • 所有不動産が担保になっている場合、その登録状況
  • 保険の契約状況
  • 20万円以上相当のものを所有している場合、その所有物について
  • 過去2年間に行った不動産の売却など
  • 過去2年間に受け取った退職金などの時期、金額、用途
  • 過去2年間に行った財産分与
  • 過去2年間に遺産を相続した場合と、そして遺産分割についての協議が終了しているかどうか
  • 貸付金の有無
  • 車・バイクの所有状況

以上の項目にチェックまたは氏名、価格などを記入します。
5枚仕様になっています。

注意点は、不動産などで自分の名義になっているものは、使っていないものも含め、すべて記入します。
本人が使っていない場合、その理由を添付して提出します。

財産目録も、同時廃止になるかどうかの大事な情報です。

2011-09-20
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
関連する記事
Copyright© 2010 自己破産解決ナビ All Rights Reserved.