親は未成年者の子供がした借金の責任を問われますか?

                   

鍵となるのは親が保証人・連帯保証人になっているかどうかです。そうでなければ、親が責任に問われることはありません。(家族が借金をした場合参照)

子供が未成年者の場合、親の同意を得ないでした借金に関しては、取消すことができると民法4条で定められています。貸金業者はこの取消しを避けるために、形式上、契約書に親の署名・捺印をとっておいているはずですが、無断でなされた契約ですのでこれも取り消すことができます。

親が同意して作ったクレジットカードを利用して、キャッシング形式で借金した場合は、カード利用限度内の借金を取り消すことはできません。

2012-07-01
タグ:
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
関連する記事
Copyright© 2010 自己破産解決ナビ All Rights Reserved.