破産手続開始決定と免責申立て

                   

破産法24条で、自己破産手続き開始と同時に免責許可の申立もしたものとみなされことになっています。(破産手続開始決定について参照)

通常は、裁判所から破産手続開始決定が出された後、免責許可の申立をする必要はありませんが、(自己破産に関する法律が変わることはありますか?参照)債権者名簿に変更がある場合、また破産手続きにおいて免責申立てを同時にしない旨を記入した場合は、一ヶ月以内に免責申立て手続をする必要があります。

この免責申立手続を忘れた場合の対処法はありませんので、再度専門家への依頼費用がかかったり、ほかの借金整理法をさがすなどするしかありません。

2012-04-28
タグ:
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
関連する記事
Copyright© 2010 自己破産解決ナビ All Rights Reserved.