破産宣告決定だけを受けるメリットはありますか?

                   

借金の原因などに免責不許可事由が含まれているため、裁判所から破産宣告決定を受けても、免責許可決定が出るかどうか(破産と免責の違い参照)わからない場合でも、自己破産の申立てをする価値があるのかと手続きをためらう方もいるようです。

結論から言えば、破産宣告決定だけでも受けるメリットがあります。とりわけ、貸金業者からの取り立てに悩まされている場合にそういえます。破産宣告が出されると、借金の2分の1については税法上損金処分ができるようになるからです。このため、貸金業者の多くは取り立てをあきらめるか、催促が少なくなります。

したがって、どう考えても免責許可が出ないように思えても、自己破産手続きをすることにはメリットがあります。また、裁量免責(免責不許可事由とは参照)によって、反省していることが裁判所により認められれば、浪費やギャンブルが原因でも免責許可決定が出る場合もあります。

2011-10-21
タグ:
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
関連する記事
Copyright© 2010 自己破産解決ナビ All Rights Reserved.