欠格事由に含まれるものとは?

                   

裁判所から破産宣告決定が出されると、欠格事由で定められた、いくつかの仕事には就けないよう資格制限がかかります。

欠格事由に含まれる資格のいくつかです。

  • 弁護士
  • 公認会計士
  • 司法書士
  • 弁理士
  • 税理士
  • 風俗営業者
  • 警備員
  • 宅地建物取引責任者

復権すれば、欠格事由に含まれる資格制限はなくなります。

以上は欠格事由に含まれるおもな資格ですが、他にもたくさんの資格が含まれますので、弁護士にご相談ください。

2011-09-06
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
関連する記事
Copyright© 2010 自己破産解決ナビ All Rights Reserved.