差押禁止動産に含まれるもの①

                   

自己破産しても、引き続き所有することができるよう法律で守られているものがあります。

「民事執行法第131条」に基づいて、以下のものは差押禁止動産と定められています。

  1. 生活に最低限必要なもの、たとえば衣服、農具、家具、台所用具、畳、建具など
  2. 1月間の生活に必要な食料と燃料
  3. 標準的な家庭の2月分の生活費相当の金銭
  4. 自営農業者の仕事に必要な器具、肥料、家畜とその飼料、次の収穫までに必要な種子など
  5. 自営漁業者が漁や養殖に必要な漁具、えさや稚魚など
  6. 技術者、職人など、知的・肉体的な自営労働者の業務に必要な物(商品以外)
  7. 実印その他の印で職業又は生活に必要不可欠なもの

続く項目は差押禁止動産に含まれるもの②をご覧ください。

2011-08-28
タグ:
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
関連する記事
Copyright© 2010 自己破産解決ナビ All Rights Reserved.