貸主に訴えられた場合の対処法

                   

法律によって貸金業者が借金した人を訴えて、強制的に回収することが可能です。

民事訴訟によって訴えられると、裁判所から書類が届きます。呼出状と呼ばれています。呼出状を受け取ったら、記載されている以下の内容に間違いがないか確認します。

  • 訴えた人の名前
  • 借金額
  • これまでの取引情報

間違いがある場合は裁判所へ決められた日に行き、訂正の旨を伝えます。このまま裁判が進むと財産が差し押さえられるので、急いで自己破産の申立てをする必要があります。

2012-01-24
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
関連する記事
Copyright© 2010 自己破産解決ナビ All Rights Reserved.