弁護士へ相談に行く時に持参するもの

                   

弁護士に依頼した場合、自己破産の申立ての前に、充分な時間を取って弁護士と打ち合わせをします。
その際、準備して持参する必要のあるものがあります。以下の資料です。

  • 貸金業者の情報

    社名・住所・電話番号などの正確な情報

  • カードそのもの

    返却されます

  • カード申込書の控え・利用明細書・請求書など

    弁護士が、経過や状況を正確に把握するのに必要です。

  • 戸籍謄本・住民票

    世帯全員が記載されたもの

  • 給与明細書・源泉徴収票

    年金もしくは生活保護受給者はその証明書

  • 不動産登記簿謄本

    もしくは借家契約書

弁護士が代理人となって手続きを進めていくので、手続き上必要な資料、大事な情報源となります。
すべて集めるのは大変ですが、スムーズに打ち合わせをするうえで大切です。

2011-10-10
タグ: ,
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
関連する記事
Copyright© 2010 自己破産解決ナビ All Rights Reserved.